社会1 (歴史)

「社会1」は、「社会」の中でも「歴史」に関する分類です。
古代から、北本には人々が住みなし、幾多の物語を織りなしてきたと思われます。
「社会2」の「生活」や「社会3」の「文化」とも絡み合っていますが、どの年代にどのような出来事があったかのか資料を集めてあります。

雑木林のあるまち
「雑木林のあるまち」は市史編集資料の収集過程において、市民の皆様や、市及び関係機関等からご提供いただいた貴重な写真をもとに編集したものです。
本書は、写真収集状況のもとに14の主題に分類し、およそ500点の写真を紹介しています。
(「発刊にあたって」より抜粋)
北本のむかしばなし
北本市制施行20周年事業に一つとして、主に小中学生のみなさんを対象とした「北本のむかしばなし」が発刊されました。 北本に生まれ、北本で育ってゆく小中学生のみなさん方のために、昔から北本に伝えられてきたお話、しきたり、遊び、言い伝えなどをお年寄りや古い文書などから調べたり集めたりして、やさしい文書と夢のある美しい挿絵を入れてこの本を作りました。
(「小中学生のみなさんへ」から抜粋)
きたもと子ども漫画館(上巻)
「きたもと子ども漫画館上巻」は自然・原始・古代・中世・近世編で構成されています。
この本は、「北本市史」本編の入門編として利用できることはもちろんのこと、21世紀の北本市を背負って立つ子どもたちにも楽しみながら北本市の自然や歴史をよりわかりやすく、見て・読んで・楽しんでいただけるようにまとめました。
(「発刊にあたって」より抜粋)
きたもと子ども漫画館(下巻)
きたもと子ども漫画館館(下巻)は、市史通史編Ⅱ「近・現代編」の内容を”マンガ”という表現手段をまとめました。特に「人物」に焦点を当て、その足跡を明治・大正・昭和、そして平成へと続くそれぞれの時代の出来事の中で示しています。
(「あとがき」より抜粋)
ただいま準備中です。しばらくお待ちください。
石戸蒲ザクラの今昔
「石戸蒲ザクラの今昔」は蒲ザクラについて、植物的な価値はもとより、桜を取り巻く伝説やさまざまな歴史事象に焦点をあて、その過去から現在までを通観したものです。
(「序」より抜粋)
ただいま準備中です。しばらくお待ちください。
北本のむかしといま
「北本のむかしといま」は、北本の歴史のあらましをまとめた、いわば北本市史の縮刷、普及版ともいえるものです。
(「序」より抜粋)
ただいま準備中です。しばらくお待ちください。

<< 前のページに戻る